2009年02月23日

「おくりびと」が米アカデミー賞の外国語映画賞

 米映画界最大の祭典、第81回米アカデミー賞の発表・授賞式が22日(日本時間23日)、ロサンゼルスのコダックシアターで開かれ、外国語映画賞に滝田洋二郎監督の「おくりびと」が選ばれた。

 外国語映画賞の前身となる特別名誉賞には1950年代前半に黒沢明監督の「羅生門」など3作品が選ばれたことがあるが、56年に現在の名称となって以降、日本作品の受賞は初めて。
 「おくりびと」は、チェロ演奏家の道をあきらめ、山形に帰郷した本木雅弘さん演じる主人公が、遺体をひつぎに納める納棺師として生きていく物語。日本映画の外国語映画賞ノミネートは第76回の「たそがれ清兵衛」以来、5年ぶりだった。


【読売ホットラインより】


話題作が受賞しましたね、





Posted by ann  at 13:41 │Comments(2)

この記事へのコメント
まだ観ていませんが
すごく期待してます。
Posted by あずき庵 at 2009年02月23日 15:14
あずき庵さま、こんばんは、

私、自分の死後を見るようでどうしても見る決心がつきません…
Posted by ann at 2009年02月23日 20:33
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。