2008年12月27日

今一人で部屋にいると

頭の中を整理しようと子供達を長女のところへ預け あえて一人で部屋にいる。

先日カーテンを洗ったので日が当たってよいかおりに包まれている。

暖かい、香、音、

私は生きている。
そう思った瞬間だった。

でも身体のあちこちが痛むたび 『骨転移ぢゃないだろうか』と毎日思う、
思わない日なんかないし
その日がくることが怖くてたまらない…

今は幸せだけれど
明日はわからない、

誰しもがそうだけど
なかなか気持ちが持ち上がって来ない。

友達の所へは花を持って行くことにした。

喜んでくれるかなあ♪

一日でも長く生きてほしい、
でもそれは彼女に痛みに耐えろってゆうことにもなるんだよね、

でも、それでも多分一日でも長くご主人と坊や達と一緒に居たいに決まってる!

もはや自分達は神に祈るしかないのか…




Posted by ann  at 12:23 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。