2008年07月29日

友達のお見舞いに行きたい

彼女は田舎で小学校から高校までの同級生、
その彼女は21歳で長男を産むときリュウマチになってしまった。

妊娠6ヶ月ですでにあちこち痛みだし 医者にお産は無理と言われたが 自分が独りっ子だったからと産むことをえらんだ。

産後身体中が痛んで赤ちゃんのお世話どころか抱くこともできず

ある日嫁ぎ先から「いつ戻るんだ」と催促が

お父さんは「娘はそちらさまに戻っても家事はできません」
とお断りになったそうです。

するとすぐ嫁入り道具がガムテープでぐるぐる巻にして送られてきました。

新しい家具はテープが剥がせなくて…

それでも彼女は痛みをこらえ涙を流しながら長男のおむつをかえたりしたのでした。

関節の全てが痛むので ほとんどを部屋で過ごし ベッドに座るか寝るかの毎日でした。

そんな彼女が病気と知ると悪徳業者に目を付けられ高い布団を買わされたり…ご両親も必死でしたから

それでも彼女はよくなりませんでした。

49歳になっていよいよ首関節がよくないと先日電話で話しました。

明日そんな彼女の家にやはり高校まで一緒だった同級生が2〜3人お見舞いにくるらしい、

自分にとっては多分高卒以来になると思う

ただ明日の自分の体調がなんとも…点滴直後はあやしいから

出来たらなんとか行きたいとおもうのですが…

田舎までは軽で一時間半弱

なんとか今回会ってておきたい、それぞれ嫁に行った友達にはもう一生あわないかもしれないし…




Posted by ann  at 14:34 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。