2009年01月05日

最後のお別れ

友達を送って来ました。

高校の陸上の顧問の先生がみえて みんな一斉に泣きました。

つらく厳しい練習をこなした仲間と

教え子との別れです。

自分は正直怖くて火葬場までは行けませんでした。

どうしても自分とかぶってしまって…

私は死ぬのが怖いです。

まだ死にたくありません。

友達だって同じ気持ちだったに違いありません。

でも病気に勝てなかったらしかたないんですよね、
友達の死をまだ受け入れられないし
次は自分かもしれないと思うと怖くてなりません。
そんなふうに思っていてはいけないのはわかっているのですが
病気が病気だけに少しナーバスになってしまっています。

また明日から元気をだして生きなければいけないね、彼女の分まで。


∽∵∽∵∽∵∽∵∽∵∽残った仲間3人で送る言葉を読みました。

その仲間に自分の時も『友人代表送る言葉を頼むね』
と、お願いをしました。

馬鹿なことゆうんぢゃないよ と怒られたけど本当にそう思ったから。



Posted by ann  at 14:46 │Comments(2)

この記事へのコメント
素直な気持ち有り難う。
本当にそう思ったのですね。
高校時代は陸上部の戦友。また闘病の戦友。
テレビの放送で先の大戦の事を放送するとき、戦友の話になると自分の事の様に涙する。きっと今のannさんはそんな気持ちなのでしょう。

これからは天国の友達から色々と葉っぱをかけられると思います。それに応えて下さい!
Posted by 華玉山 衣芽呂 at 2009年01月05日 21:54
華玉山 衣芽呂様こんばんは

いつもいつもお心にかけて下さってありがとうございます。
いつもいつも応援メールを下さって本当に感謝しています。

お母様のように病気を乗り越えていきたいと願って これからも治療に励みます。

コメントありがとうございました。
Posted by ann at 2009年01月05日 22:20
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。