2008年12月27日

友達のお見舞い行ってきました。

痩せて痩せて小さくなった彼女が横たわっていました。

急に皆が来て怪しまれるといけないので 仕事してる子が今日までだったからとゆうことにした。

泣かないでなんて無理、お母さんが泣いてみえて

ろれつの回らない口で一生懸命話してくれた。

私の手術した胸板に触って
『取れてよかったね』と言ってくれた。

花も喜んでくれた。

見える所に置いて と家族に頼んでいた。

早く治って同級生のやってる料理屋行こうねと約束した。

そうしているうちにまた痛みが…
ナースコールして!
とにかくいいから呼んで!
看護士がやってきて
少し薬を変えてみましょうか

と言っている。

初めから治らないと言われたそう…

この一年どんな思いで暮らしていたのか

少年野球に詳しい友達に下の子をみてやってくれるよう頼んでいた。

子供のことが何より心配に違いない



Posted by ann  at 16:00 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。