2008年10月30日

9年ぶりに両親が豊田にやってくる。

ここに引越した時来て以来だから たぶんそれくらい。まだスタジアムなかったかなぁ、

時代がよくわからなくなってはいるが

今回手術するんで 母が来てくれる。

父を弟の嫁に頼むのが嫌だから断ったのだが それでもと言ってくれているので。

有り難くお願いいたした次第で。

で こっちに来る時に父と伯母が弟の車ならと一緒に来るとゆう。
父が79、伯母は84、母は77になっていて みんなの体調が心配だ。

でも病気がなかったらもう2度と母と暮らすなんてことなかっただろうと思うと病気も意味がなかったわけでもないなと思った。

母も孫やひ孫と賑やかにやかましく暮らすのもないことだったからよいかもと思ったりした。

自分は三女をシングルで産んで勘当されていたのだが 三女が大きくなり4才の秋祭りに『祭を見せてやれ』と言ってもらった。


昨日のロンブーの123の番組で奇跡のアスリート達をやっていたが

『ガンこそ我が人生で最高にラッキーな出来事』と断言できる。
とゆうシーンがあったが
自分はただの一般人だから クヨクヨするか びくびくするだけだが
両親が来てくれるのはうれしい。

親不孝をわびるきっかけにはなったし。

手術の前には両親、伯母、娘達、お世話になった人に手紙を書くつもりだ。

みんなにありがとうを。



Posted by ann  at 23:30 │Comments(2)

この記事へのコメント
こんにちは、“隊長”です。

私も見ました。3位2位と見て、子供のお迎え時間になったので録画して・・・。

『ガンこそ我が人生で最高にラッキーな出来事』と断言できる。

いや・・・。しちゃ、ダメだろ・・・。

『ガンこそ我が人生で最悪にアンラッキーな出来事』と断言できる。
今日ここまでたどり着いたのは・・・ドクターをはじめとする・・・
でも、それら全部の力よりも妻の・・・

って〆なきゃ、ただの『すっごいアスリートの奇跡の自慢話』になっちゃってないか?

と思いました。


P.S.“百恵”ちゃんの『秋桜』(作詞“さだ まさし”)
・・・苦労はしても、笑い話に時が替えるよ、心配いらない

この一節を聞いてから、自分で解決できない事は
時間に解決してもらう主義です。

では、また。(^0^)/~~ バイバイ
Posted by 草野球チーム・自営隊 “隊長” at 2008年10月31日 13:16
“隊長”様こんにちは♪

あれはすごい話しでしたね、アスリートならではですもんね、

長生きして笑い話にしてみますか(^O^)/
Posted by ann at 2008年10月31日 16:25
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。