2008年05月30日

ちょっといい話し

先程保育園のお迎えに行ったときのこと。
自分は病気を申告して園の前まで車で入れるよう
特別に許可を貰っています。
普段はカラーコーンが3つ置いてあるので真ん中をよけて入り またしめて園へ
帰りも一旦開けて出てまたすぐ閉めておくのですが今日は中学生の男の子が二人、私服で自転車に乗ってすぐ前を走っていました。
普段は保育園関係者しか通らない道ですので 何度も何度も振り返りながら気をつけてる様子でした。が 次の瞬間 男の子の一人が自転車に乗ったままサッと真ん中のコーンをどけてくれるではありませんか!
瞬間的に驚いたり感謝したり!
おかげで自分は止まって降りたり乗ったりを繰り返す事なく ドライブスルー出来たわけで
『ありがとうね』
と大きな声をかけて来ましたが 頭の中には
『へえ、今時の中学生の男の子にも優しい子が残っていたのか』なんて言葉が浮かんだりして、ホンワカよい気持ちにもなりました。
最近ぎすぎすした事件が多く、何となく中学生の男の子くらいが今1番荒れてる
みたいに感じていた自分に『偏見だよ』と教えてくれて 『まだまだ豊田の未来は捨てたもんぢゃないよ』と教えてくれた出来事でした。
少年A君 ありがとうね!



Posted by ann  at 17:17 │Comments(6)

この記事へのコメント
ほんわか、良き話ですね!
今時の子は…と顔をしかめたくなるのは、ごく一部の子だと信じたいですね。
Posted by くり子ババ at 2008年05月30日 20:42
くり子ババ様
ありがとうございます。

うちでも同じ話しをしましたがみんな
『へえ、世の中棄てたもんぢゃないってことだね』と関心してました。
でもこれが珍しい話しだとゆうのが少し残念でしょうか

違いますよね、良い話はテレビでやらないからですよねo(^-^)o
Posted by ann at 2008年05月30日 21:14
ひゃーあっ ジジ和くんみたいな少年もいるんだ
それが当たり前の世界になってほしい

>違いますよね、良い話はテレビでやらないからですよね

そのような善行を集めた「涙が出るほどいい話」が単行本となっており、第1集と2集を読みました
2集は手元にあるけど。1集はどこかへいってしまった?

「小さな親切」運動本部/編 ですでに第10集まで刊行されているようです
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/List?cnt=1 
Posted by 豊田の和ちゃん at 2008年05月30日 21:32
さすが師匠!
そんな有り難い本があるんですね?
勉強になります(^O^)/
Posted by ann at 2008年05月30日 21:37
第2集、お貸しいたしませうか?
Posted by 豊田の和ちゃん at 2008年05月30日 22:04
メールを送りましたよ
Posted by 豊田の和ちゃん at 2008年05月31日 06:42
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。