2008年11月16日

大部屋だから泣けん

手術仲間が退院して 部屋はおばあちゃんと二人になりました。

ところで今朝、散歩から帰ってみると父によく似た白髪のおじいさんが談話室の前にいました。

と思ったら本当に父でした。

弟が父を乗せて田舎から見舞いに来てくれたのです。

父には電話をしていましたが通じなくて話をしていなかったので幻が見えたかと思ったくらいです。

まずは元気そうでよかった

と言ってくれました。

弟とは嫁と反りが合わないので全然会ってなかったのにガンになってからは何度か田舎で会えるようにもなりました。

手術は大変だったけど両親と弟が来てくれて幸せです。

でも大部屋だから悲しくても辛くても泣くことができません。

幸せの裏返しで年老いた両親に心配をかけたことが悲しくて涙が止まりません
(:_;)

その場では元気にしてみせんといかんと思って頑張ったので
皆が帰ったら泣けて泣けて仕方がありません。


今日はありがとう

とゆうのがやっとでした。

玄関まで皆を送ったけれど見えなくなるまで見ていると泣けて部屋に帰れなくなるので我慢して部屋に帰って来ました。

家族ってありがたい…  


Posted by ann  at 18:58Comments(8)