2008年07月30日

今日、今年初めての

ミンミンぜみが鳴いているのを聞くことができました!夏休みだな〜ってしみじみ思いました。

夏はやっぱり蝉の声ですね(^O^)/  


Posted by ann  at 22:54Comments(0)

2008年07月30日

岐阜県恵那市・中津川市の五平餅を紹介します。

中津川 中仙道タイプがこちら 小さな丸を重ねた小ぶりな五平餅で砂糖醤油にごま・くるみ 妻籠ではえごまを入れています。

わらじタイプもあります。味はやはり砂糖・醤油・ごま・くるみです。
隠し味でしょうがを少し入れているお店もあります。
  


Posted by ann  at 22:25Comments(2)

2008年07月30日

友達の家にお見舞いに、そしてシェ・シバタのケーキを!

田舎にお見舞いに行ってきました。
懐かしい同級生の顔も見れたし いっぱい話も出来たし、今日は楽しかった。

おやつに多治見と名古屋にお店のある
「シェ・シバタ」
のケーキをいただきました(^O^)/

チョコレートドームのはほろ苦い中にオレンジ風味のキャラメルみたいなソースいり、
四角くて白いのは中にカシスのムース入り、
白いドームのは白いメレンゲにカスタード入りで台がパイ、
丸にマンゴーのは中身がラズベリームース、
最後はパイナップル入りタルトの上にブリュレ
  


Posted by ann  at 21:06Comments(8)

2008年07月30日

始めの”ドナドナ”はこちら

 ある晴れた 昼下がり
 市場へ続く道
 荷馬車が ゴトゴト
 仔牛を乗せてゆく
何も知らない 子牛さえ
 売られてゆくのが わかるのだろうか
 ドナ ドナ ドナ ドナ 悲しみをたたえ
 ドナ ドナ ドナ ドナ はかない命
 青い空 そよぐ風 明 るく とびかう
 つばめよ それをみて おまえは 何おもう
 もしもつばさが あったならば
 楽しい牧場に 帰れるものを
 ドナ ドナ ドナ ド
ナ 悲しみをたたえ
 ドナ ドナ ドナ ドナ はかない命


こちらが始めに作られた歌詞なのだそうだ。

後の歌詞では乳牛なのか肉牛なのかはわからないのに対し
始めに書かれた歌詞では「はなかい命」としている点で肉牛であることを暗に示唆していると書かれている。

(後にできてポピュラーになってる歌詞は「”ドナドナ”ってご存知?」を見てね)


あー頭の中をドナドナド〜ナ〜ド〜ナ♪が回る
(+_+)


ちなみに”ドナドナ”とは牛を追い立てる言葉 だそうです。  


Posted by ann  at 05:04Comments(4)

2008年07月30日

”ドナドナ”ってご存知?

昔音楽で習った”ドナドナ”

 ある晴れた 昼さがり いちばへ 続く道
 荷馬車が ゴトゴト 子牛を 乗せてゆく
 かわいい子牛 売られて行くよ
 悲しそうなひとみで 見ているよ
 ドナ ドナ ドナ ドナ 子牛を 乗せて
 ドナ ドナ ドナ ドナ 荷馬車が ゆれる
 
 青い空 そよぐ風 
 つばめが 飛びかう
 荷馬車が いちばへ 子牛を 乗せて行く
 もしもつばさが あったならば楽しい牧場へ帰れるものを
ドナドナ…と続く

とゆう歌ありましたよね(曲自体は相当悲しい)、


先日高速パーキングでまさしくトラックの荷台に牛がびっしり載せられてて

あ、あれはドナドナだな
とゆうと
三女が 「え?牛だよ」と

そこから説明して

売られてく牛の歌があるんだよ

だからあれはドナドナさ

うちでは「売られていくもの」のことをドナドナと言ったりするので三女にも参加できるように教えておかないと。

(新車は言わないけど中古車はドナドナなのである)

ところが昨日「魔女の宅急便」を見ていた三女が
貨物列車のシーンで

「ママほらあれドナドナだよ、牛が荷物だもん、」

おー、使い所は間違ってないね

マスターしたかな(^O^)

「でもどうして牛は乗せられくの?」
「人間が食べるためさ〜」
「いやだーかわいそうぢゃん」

とゆうこともわかってしまった。  


Posted by ann  at 03:57Comments(2)