2008年07月17日

生きたいのに生きられないということ

昨晩テレビで2才の娘を遺して亡くなった女性の本が紹介されていました。
妊娠5ヶ月で脊髄がんとわかり 赤ちゃんを優先して1200グラムで女の子を出産(普通は3000グラム前後)
その後自分の抗がん剤の治療を開始、
副作用でだっこもできず母乳もあげれない、

そんな彼女が娘に気持ちを残すために書いた本、

女の子だからおしゃれをしてね、〇〇ちゃんの髪を毎日違う形に結ってあげたいな…

お友達と自分を比べてはいけません。〇〇ちゃんはこの世界にたった一人だけしかいないのだから

最期にはペンがとれなくなりカセットに言葉を残す、
『ママは一緒にいてあげられそうににありません…
死にたくないよ、
死にたくないよ…』


どんなに無念だっただろうか…

普通の毎日をどんなに過ごしたかったろうか…

娘の髪を結ってあげる。
こんな普通のことが
どんなにしたかっただろう

・〜・〜・〜・〜・〜・
自分はもう48です。
自分は今まで何事もなく過ごせてよかった。
自分のために使いたい時間はもういらないかもしれない。

でも遅くに産んだ三女が5才、
毎日髪を結ってあげれて幸せです。
寝顔を見ることも幸せ、

何より毎日一緒にいられて幸せです。

小さな手をつないで保育園に行き、お迎えに行けば胸に飛び込んできてくれる、

そんな毎日が私にはあって幸せです!

何のために生きていたいか
娘のために 娘達のために
それから『娘ががんになってしまった』母のためにも。

生きていたい。


生きたいと強く願っても身体がその時を迎えたら 心臓が鼓動を止めたら

皆に別れを告げ
旅立たなくてはいけないんだね

苦しみや痛みからは開放されるのに

幸せな日々とはお別れなんだね


生きたいのに
生きていたいのに
生きられないということ

  


Posted by ann  at 14:07Comments(8)

2008年07月17日

体調最悪、副作用のデパートか…


口内炎 下痢 鼻血 しびれ吐き気 味覚障害 めまい 咳 筋肉痛 爪も白く変色して死んで来た。

でも全部『しおり』に書かれている副作用で わかっているものだから仕方ない。

今、やっとのおもいで洗濯物を干し 花に水もやった。

今日は『寝込む』ことにしました。

これ以上体力落とせないからエアコンをドライで。

普通細胞がつらいと言っているのだからがん細胞にもダメージを与えてる頃でしょうし(^O^)

昨日朝NHKに山田邦子が出て 『乳癌治療最前線』をやっていましたが
『術前化学療法』が今一般的になってきて
聖路加の先生が8割くらいの方が『術前』を選ばれるようになったと言われていました。

だから術前を選んだ自分は間違いぢゃなかったし
この前の検索でもがん自体は小さくなっていたし

間違ってはいない。

信じて治療していかないとね

  


Posted by ann  at 11:10Comments(6)

2008年07月17日

『袋いりません』とは言ったけど…

薬を院外処方でもらうとき、
『ドラッグスギヤマ』に行くと
『豊田市指定燃やすゴミ袋』を一枚付けてもらえるのです。

それがよくて毎回スギヤマに行ってるのですが
先日外袋を断りました。
エコですもの、

が、係りの方は『燃やすゴミ袋』を断ったと思われたみたいで

『あーそれは欲しいです』の一言が出ない、

タイミングを失ったとゆうか
そっちは断らないだろう
とあっけにとられるやら

そんな気が弱いタイプでもないのですが

なんか言えなかった…
(┰_┰)

貰い損ねたゴミ袋が惜しい…

なんのためにスギヤマ行ったのか…

待ち時間に余分な買い物ついしたら…

(┰_┰)  


Posted by ann  at 09:19Comments(2)