2008年06月04日

乳癌の告知を受けてから

結果はやはり乳癌でした。
検査結果が出るまではどうか間違いであってくれとか良性ならいいな
とかいろいろ考えていたけれど しこりがある時点でもう免れなかった。

そうなったら治療方針を一刻も早く決めて治すことを考えていかなくては。
セカンドオピニオンは受けないことにした。
例えば名古屋ガンセンターとか藤田保険衛生とかあるんだろうけど 5才の三女を長女に預けたりしながら通えるとしたらトヨタ記念病院しか考えられなかった。

治療方針としてはまず手術をする方向と 抗がん剤を先にしてその後手術をする方向を示された。

病巣がすでに2.5センチ以上あったためこのままなら全摘と言われた。
リンパも一緒に取るとゆうことは変わらないらしい。

家族は転移を恐れて手術を先にと言ったが自分は少しでも病巣を小さくして全摘を免れたかったために先に抗がん剤を選んだ。

普段は大人しい次女が先生に『転移が怖いから切って下さい!』と声を荒げたのには驚いた。

みんなが真剣になってくれているのがひしひしと感じられそれが少し苦しくて申し訳ない気持ちになった。


つづく  


Posted by ann  at 21:02Comments(0)

2008年06月04日

この病気の始まり

乳癌がわかって半年になりました。
そもそも自分の場合は『痛み』からでした。11月に腕と胸の筋肉がだる痛い感じからでした。
利き手ぢゃなかったので「なんか重い物でも持ったかな」 くらいに思い何もしませんでした。

なぜなら自分は夏(8月)に集団検診を受けたばかりだったからです。
その結果は『異常無し』
その後それもすぐに治まって 12月、ウキウキするクリスマスのショッピングモール
丸一日あそんで家に帰ってみるとブラの脇部分に違和感が…
触ると脇リンパがグリグリしてる!
頭の中で『グリグリはやばい!』
とゆう言葉が回って…
慌てて胸を探ってみるとそこにはもう自分でそれとわかる『しこり』が…

「あーやばい、乳癌だ」と思いました。

たまたま職場の仲間が3人も乳癌を経験して
3人とも職場復帰されてるので あまりパニックにはならず 冷静でいました。
それからいきつけの婦人科を予約 エコー検査で
「何かあることは間違いないから乳腺外科を紹介します」
と言われ予約が取れたのが年明け7日

9日のCTに始まり MRI PET 組織検査は注射器でとバキュームみたいのと。
そして28日家族でインフォームドコンセントをうけました。

『病名は 予想通りの乳癌です』

主治医の言葉でため息が出ました。

やっぱりね…


つづく  


Posted by ann  at 11:58Comments(4)